廃棄染色

バイオコークス

植物食品残渣の染料抽出粕から形成出来る固形燃料

夢のエネルギー人工の薪

地域の資源で地域のエネルギーを

バイオコークスとは、 光合成 に起因するあらゆる植物から形成できる固形燃料です。石炭や灯油等の化石燃料に代替えを可能にする持続再生が可能な純国産「ゼロエミッションエネルギー」となります。

弊社の染色で使用した残渣を生駒市にあるバイオコークス製造所に持ち込んで製造してもらいます。残渣を高温高圧下で一定時間閉じ込め冷却する事で生産されます。製造工程から廃棄物が何も精製されない特徴もあります。

地域で排出されるゴミ資源を染料に利用してキノコ栽培をし、収穫後の廃菌床からバイオコークスを製造し染色の熱源に利用する。この循環サイクルの完成を目指して取り組んでおります。

バイオコークスは燃料として純粋に有力な資源となりますが、私たちが注目したバイオコークスの別の魅力も今後掘り起こしていきたいと思います。

染 食 還

バイオコークス

染色に利用した後の残渣で製造したバイオコークスを販売しております。

一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする