ボーダー柄のアイテムがブリード(色泣き)するとやっかいです。
特に濃色と白の組み合わせだと恐怖しかありません。
未固着の染料を洗い落とすだけでは汚染してしまいますので
汚染防止剤を使用しながら慎重に洗います。
最後にフィックス(色止め)処理して終了です。

(加工前トラブル事例)

This entry was posted in . Bookmark the permalink.